香典返しをする時期などは?千葉での葬儀が迫り焦っています。

香典返しは葬儀後、四十九日を終えた後が一般的。千葉でも昔と違って郵送で届けるか、当日に持ち帰っていただくかの二択が主流。

地域や身内で金額は違う?千葉の葬儀での香典についてのメイン画像

香典返しをする時期などは?千葉での葬儀が迫り焦っています。

香典返しは四十九日を終えた後が一般的。

千葉でも葬儀・法事の当日にお渡しする事例が増えました。

高額の香典を供していただいた方には別の品物も用意し郵送します。

▼四十九日が明けた後に行うのが時期として適当。

そもそも香典返しには、「弔事を円滑に終わらせることができたことを伝える」という意味が含まれています。

それから考えると香典返しの時期は、通夜から三十五日が過ぎ、四十九日を終えた後が適当です。

つまり一般でよく言われている喪が明けた時期に当たります。

本来は千葉でも葬儀を執り行った喪主が、直接会葬に来てくれた人の家々を回って、挨拶とともに手渡すのが通例でした。

▼香典返しは後日に郵送するか、当日お渡しするか。

現代の香典返しは、挨拶状とともに配送するのが通例になっています。

さらに、葬儀当日や法事の席で、会葬御礼とともに香典返しをする事例も増えました。

持ち帰っていただくことが前提なので、かさばらないもの、軽いものを選び、挨拶状とともに手提げ袋の中に入れてお渡しします。

当日は全員に一律の香典返しをすることになりますが、高額の香典を供していただいた方には、後日改めて香典額に見合った品物をお届けします。

▼香典の額が5,000円~1万円までは一律の香典返しで葬儀・法事の当日に。

それを超える額の方には別途郵送します。

香典返しの内容や区別に決まりはありませんが、“高額の方への香典返し”という場合には1万円以上が目安になります。

3万円~5万円の香典をいただく場合もあるので、「香典返しのカタログ」などであらかじめ品物をセレクトしておきましょう。

葬儀社にお願いすることもできます。

≫≫気になるニュース:地域で異なる「のし紙」文化(もっと関西)