兄弟が亡くなりました。千葉での葬儀、香典料はどうしたらいい?

兄弟にも直系と傍系(義理)があり、葬儀での香典の額はそれによって異なる。千葉の事例のように義兄でも生前のあり方次第で額は変わる。

地域や身内で金額は違う?千葉の葬儀での香典についてのメイン画像

兄弟が亡くなりました。千葉での葬儀、香典料はどうしたらいい?

兄弟姉妹が亡くなってしまった場合、葬儀や通夜に必要な香典の額は、直系か傍系(義理)かによって違ってきます。

ただしその額は相場なので、参考にすぎません。

▼自分の直系の兄弟・姉妹へは5万円~10万円。

不幸にも自分の兄弟・姉妹が亡くなってしまった場合、通夜・葬式での香典は、別居独立して暮らしている兄弟なら、5万円~10万円が相場。

同居している場合も同額ですが、同居している場合は香典を出しても出さなくてもかまいません。

葬儀を取り仕切る側になるので、結果的には葬式代として出費しなければならないからです。

▼義理の兄弟姉妹なら香典は3万円~5万円。

配偶者の兄弟姉妹、つまり義理の兄弟姉妹が亡くなってしまった場合、葬儀や通夜での香典は3万円~5万円が平均的です。

義理とはいえ身内となるわけですから、傍系親族としてはこのような額になるのでしょう。

千葉での事例にありましたが、義理の関係にあっても生前に共同事業を行なっていたり、故あって行き来が頻繁な関係にあったりしたりしたならば、もちろん香典料はその限りではありません。

▼自分の直系の兄弟姉妹なら香典料は5万円以上。

義理の兄弟姉妹にある関係なら3万円以上が相場です。

香典料の一応の相場はありますが、ポイントになるのは生前にどのような関係にあったかです。

千葉の事例のように特別に近しい関係にあるのなら、相場を度外視しても構いません。

過去には義弟が経営していた会社の穴埋め資金にと、多額の香典を供した例も千葉にありました。

それぞれの事情にあわせましょう。