千葉での葬儀。香典の書き方・出し方は?薄墨で書く必要は?

葬儀や香典は仏式・神式で書式が違う。表書き・中袋の書き方の基本は押えておこう。千葉の一部地域で残る薄墨書きは必ずしも踏襲する必要はない。

地域や身内で金額は違う?千葉の葬儀での香典についてのメイン画像

千葉での葬儀。香典の書き方・出し方は?薄墨で書く必要は?

葬儀や香典といっても仏式と神式では書式が違ってしまいます。

表書きもあれば中袋の書き方もあります。

基本的なところを押えておきましょう。

▼表書きのいろいろ。

仏式・神式、御花代。

一般的に香典は通夜、葬儀、告別式に、「香典袋」に入れて供します。

ただし香典袋は、表書きや袋に数種類があります。

またのしについては、宗教・宗派、地方によって異なります。

ごく一部ですが、千葉県内にも葬儀の様式に昔ながらの風習が残っている地域がありますので、事前に確認しておきましょう。

御霊前や御香料、御香典、御仏前などの書式・表記は仏式のもの。

御玉串は神道の書式、また御花料などの文字を書きます。

▼香典袋の表書きと中袋の書き方とは。

香典袋表の水引をはさんで、上部には先にお話しした「ご香典」などの表書きを。

水引を挟んで下部には自分の名前を書きます。

香典袋の中には白無地の中袋が入っています。

その袋を開いて紙幣を入れ、元通りに中袋を閉じます。

中袋の表面に、墨文字のまま漢数字を使って香典の金額を書き添えましょう。

漢数字とは、1=壱、2=弐、3=参などで、香典料が5,000円なら五阡圓、10,000円なら壱萬圓というように書きます。

▼千葉県内の一部地域では中袋の文字を薄墨で書く風習が残っていますが、そのように書き分ける人は少なくなりました。

中袋の文字を薄墨で書くのには、“故人を思って流した涙で墨が薄くなった”という意味をもつ名残です。

それを継承する人も少なくなりました。

筆ペンを使って、表書き同様の濃い墨でもかまいません。