千葉在住です。親が亡くなった葬儀の香典、遺族はどうすべき?

身内が亡くなった際の香典料は5,000円程度。しかし喪主など遺族側なら出す必要なし。これは千葉に関係なく全国共通の葬儀に関する調査結果です。

地域や身内で金額は違う?千葉の葬儀での香典についてのメイン画像

千葉在住です。親が亡くなった葬儀の香典、遺族はどうすべき?

身内への香典ってそもそも必要なのでしょうか。

必要だとしたらいくら?ご紹介するのは千葉であっても千葉でなくても同じ。

アンケート結果による全国共通の回答です。

▼そもそも香典とはいったいどんなものなのか。

香典には、「故人の霊前に供える金品やお香・花の代わり」という由来があります。

弔問する側は「急な訃報に接して、お香やお花を買えずに駆けつけた、その代わりにこの香典で」といったニュアンスが込められてきました。

後にこの香典が遺族側の葬式代の助けとなり、現代では「香典=お金=葬儀代の足し」となったようです。

もともとは哀悼の意を表すものなので、香典の額に決まりはありません。

▼両親が亡くなった際の香典料は5,000円程度!?

一例にすぎませんが、もしも自分の両親が亡くなった場合の香典料は5,000円程度。

しかし“自分の親”なので本来的には香典をいただく側の遺族。

香典を出す必要はありません。

同様に自分の兄弟についても、葬儀をともに取り仕切る側の喪主などであれば香典を出す必要はありません。

むしろ葬儀代と弔問客からいただいた香典の総額、葬儀代との相殺など、会計作業の協力を求められることが多いと考えてください。

また、葬儀代そのものが葬儀の規模やプランによって大きく変わりますので、中にはそのあたりの話し合いを求められることもあります。

《Check》博全社の葬儀プラン

▼身内の場合、香典が必要になるのは遠隔地に住んでいて別世帯をもっている兄弟・姉妹。

あるいは祖父母が亡くなった場合です。

香典の額については、千葉だとか千葉でないとか、そのような地域差はありません。

遺族側の意思によって、香典を受け取らない葬儀というのも増えてきました。

その代わり香典返しも無しにして、シンプルに葬儀の場だけのやり取りで収めようというのが狙いです。